血糖値によって空腹感が変わる

ダイエットをしているとどうしてもお腹がすいたと感じてしまうことがあると思います。
そうするとついつい食べ物に手が伸びてしまいなかなか痩せられないという悪循環になってしまいます。
しかしこの空腹感を感じさせない方法があります。

それは軽く運動をすることです。
できれば走ったりちょっとしたスポーツをする方がいいのですが、
椅子で伸びをするだけでも十分効果があり、何もしなかったときより空腹感はまぎれます。
これは体を動かすことによって血糖値が上がることにより空腹感がなくなるからだと言われています。

空腹感を逆に感じやすくしてしまう行動としては一気にたくさんの食べ物を食べるときです。
大量に食べることによって、この血糖値を下げてしまうインスリンという物質が生成されてしまい、
結果的にいくら食べてもインスリンの働きでお腹がすいているというふうに感じてしまうので
バイキングなどに行くときには意識せずにこの状態になる可能性があるので特に注意したいところです。

こうやって血糖値によって空腹感をある程度コントロールすることができるので
できるだけ苦労せずにダイエットをすることができます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ